上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
名古屋の方、遠征したみなさんお疲れさまでした。

長文になりそうなんでPCでかける時間が出来たら書きます。

今回の遠征でわかったことは、クダンスは日本語理解できたらジャイアン(メンリュウ)には勝てなかったって事ですかね

あとクリハラショーグンの凄さにもびびれましたw
スポンサーサイト
08/29|未分類コメント(5)トラックバック(0)TOP↑
はいきんぐにアマキンの使い方を教える会が、ポピーで開かれます。

暇な人は是非ポピーへ。
08/19|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
パンフの感想を書いてもらえると助かります。

聞いた話では物申すとかいってた人が多いらしいので待ってますw
誰だかわかるようにしてくれれば、何を書いてくれても結構です。
直接会ったときに言ってくれてもかまいません。


ただ、りゅーけいとかが文句言ってきたら、どうなるかわかってると思うけど(^-^)

08/15|未分類コメント(5)トラックバック(0)TOP↑
ついに恐れていた天帝の鉄拳王。

ジョイ=ゼクスが鉄拳王のゲーセン
となりました。

S級戦犯は青ちぃ魚。

魚のくせに龍の物真似をしたりするから、天帝に釣られるんです。

上げてしまったからには、当然カードを折ってくれるものだと思ってます(^-^)

武士たるもの生き恥をさらすべきではないのです
08/11|未分類コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
天帝がタツキングに昇格したみたいです。正しくはタッキーングですが

もはやジョイボ=新宿養殖場。
社長・ユウ
専務・けいおー
といった感じですね

天帝様も養殖魚にしては活きの良い、あおちー魚に目をつけタッキーングに昇格したわけです。
あんな青臭い魚を食べれる天帝の舌は味覚がないのでしょいか。

今まで天帝の段位を事あるごとに吸い続けて、段位上がらないから入ってくるなと、この世のものとは思えない顔で何度も言わせて来ましたが、さすがにやる時間が無い上にカードロストで阻止は難しそうですw

天帝を鉄拳王に上げてしまった人は、ちゃんとカードを捨てるなり、折るなりしてくださいね。

王になって二枚目のジュリアカード造ってるチキンなKENとか、上げたら問答無用でカードの公開処刑です

タケヤマは、パソピの最終大会で天帝を優勝させてから心を入れ替えたらしいので、負けたら自分から折る漢だと信じています

モンテは、カード無くしては周りから吸い上げるメンリュウなるダボハゼと、鉄拳王魚のちゃんこ鍋が好物の大関マタドー龍がいるので、養殖場は魚が少ないようです。
しかし、たいぞーり虫が密かに裏で魚に寄生してたりするんで、わかったもんじゃ無いですね。

08/07|未分類コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
昼ごろ水コングから電話があり
「今からはいきんぐ狩りの手本を見せてやるから柏にこい」
と有り難いお言葉を頂いたので、夜勤あけとかしらねーよって感じでノリノリで柏に到着。

ついてみると人の多さがやばい。さすが水コング、はいきんぐ狩りの実演だけで柏に歩けなくなるくらいの人を集めるとは偉大すぎるな。



なんつうか運悪く柏祭りだっただけなんですがw


セガにつくと水コングが暴れており、恐れながら話し掛けると

今何をやっているかわかるか?と聞かれました。
レンショウってやつをしてるんではないでしょうか?と答えると、

「馬鹿者!はいきんぐは茨城の生物を根こそぎ食らい尽くす凶悪な生物。そこら中に餌があれば、それに引かれてすぐに現れるのだ」
なるほどさすが水コング。見た目はジャイアンでも実は頭がキレると関心していると、背後に不穏な気配が・・・

見るとそこには茨城の密猟者はいきんぐがいるでは無いか。

さあここからが本番だ。俺様の狩りの仕方を良く見とけよというと、水コングはおもむろにあーまーきんぐなるカードで凶悪生物はいきんぐとドーダンセンなるものを始めた。

しかし水コング、あーまーきんぐという鉄の高度な道具を使うほどは知能が進化していなかったのか、敗れてしまう。「慣れないものは強敵相手につかうべきでは無かった」
と悔やむ水コング。
石器でぱわふるに戦うのがやはり水コングに似合っているのだろうか?


ゴーケツの水キングが出撃するには早いので、これは任せて下さいよとガンリュウでシュラセンをするも、はいきんぐの傍若無人な動きに翻弄され、ラセツなる段位に上げてしまう。


途中でかるきんぐなる酒臭い雑魚がいたような気がしたけど、踏み潰されて逃げて行ったようだ。


たんまり餌を食べ太ったはいきんぐは、茨城に帰ろうとするも逃がさない水コング。

「蚊がうるさいときはわざと血を吸わせて動きを鈍くしてから潰すだろ?これもそれと同じさ。見ろあの丸々と肥えたはいきんぐを。おいしそうだろ?」と言うのが早いか、猛スピードではいきんぐ狩りを始める水コング。

太ったはいきんぐは動きが鈍く、水コングの石器斧で無残にもやられシュラなる場所まで後退してしまうのであった。

さあラセツなる美味しい部分は食べたから、残りは貴様らに与えてやろうというと横から、柏のハイエナりゅーけいなるやつも登場し、黒猫ハンタリーまで臭いを嗅ぎつけ、いつのまにやら気付くと・・・



はいきんぐの適性位であるケンタツキーになっていたのであった。

その姿は水コングに骨を砕かれ、ハイエナりゅーけいに皮をむかれ、黒猫ハンタリーに肉をむさぼられ、最後は俺のへーはちなる炎に23レンパイなる事をし、その姿は柏から消えていったのであった。

水コング「はいきんぐの適性ダンイはケンタツキーだ。それより上になると生態系に悪影響を与えてしまう。他に影響が出ない内に狩り取るのだ!わかったな!」と最後に有り難いお言葉をもらい柏をあとにするのであった。

ガローなるダンイになって緑に発光するのは、凶悪生物ハイキングリーンに変身してしまう前の危険信号だそうだ。

一時はラセツまで上げてしまい、柏の生態系が崩壊しそうになるもともかくケンタツキーまで戻せて一件落着であった。
08/05|未分類コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ノブ

Author:ノブ
茨城の酔いどれ黒猫はいきんぐ
メールはこちらへ↓
tuka213@hotmail.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。